04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016-10-16 (Sun)
以前に、保護した猫が難病を発症した事があります。

かかりつけの先生が
対応した事があるという病気で

効果がある程度あるが
継続し続けなくてはならないかもしれないし

薬の効果が出なくなる可能性もあり
長生きした猫を見た事が無い・・・

でも、ケロっと治ってしまう猫もおり
本当にどうなるかわからない

と言われ、ほんの少しのパーセントでも助かる確率があるのなら
治してあげたいと思い

毎日、神経をすり減らしながら対応していた時がありました。


その猫の症状が落ち着いて来た時

以前から来ていたボランティア依頼にこたえ
出掛けて行きました。


この方は、有名なブロガーさんでしたが
猫の保護関係で有名な方ではありませんでした。


私の現状を聞かれたので
難病の猫の事を話すと

 治るかわからないんでしょ、安楽死した方が良いんじゃないの?
 そのお金、他の猫に使った方が良いよ!

 お金、幾らかかるかわからないよ

お金かけても助からないかもしれないじゃない

 お金足りなくなるよ~どうするの?  

 私ならネットで寄付金を集める事が出来るけどね♪
 (この猫の為に集めるという話しではないです)

などなど、耳を疑うような言葉が羅列しました。

他意は無いとはわかっていましたが
あまりにも無神経で呆れました。


ですが、この方が関わっていた多くの行く先の無い猫の為に
その日は、出来るお手伝いを精一杯して帰宅しました。

釈然としない思いを抱えて。


その難病の猫は、時間をかけて完治しました。

その間には色々な事があり
一時は死を目の前にし狼狽えもしましたが
本当に良かったと思いました。


それから時が流れ
難病の猫は見捨てろと言っていた方が

難病の猫を助ける為に動くようになりました。

自分が関わり
一緒に暮らす事で見捨てる事が出来なくなったのでしょう。

宣言した通りに、多くの寄付品・寄付金を集め
治療を続け、猫が暮らせるようになるまで手助けをしています。

今では、私に投げかけた言葉の反対の言葉を言っています。

私に投げかけた言葉なんて忘れたのだと思います。


それでも私は良いと思っています。

1匹でも多く猫が助かり

その後の猫生を楽しく生きてくれればと。


頑なに安楽死を唱えていた方に
そんなきっかけを作ってくれた猫に感謝しています。


引き続き
バザーのお手伝いをして下さる方
猫の預かりをしてくださる方を募集しております。
詳細は こちら ←クリック からm(_ _)m

ケージ・猫用不要品の寄付・ボランティア募集のお願い ← クリック からm(_ _)m

HAS HP で
他の犬・猫の里親募集を
しております
 ← クリックでページが開きます。
 *現在トライアル中のこもおりますm(_ _)m

里親様募集中です

has-28

チャーポン ← クリックでページが開きます ♂ 白血病+

has-27

りんごちゃん ← クリックでページが開きます ♀ エイズ+

里親様募集中です。

HASからのお願い ← クリックでページが開きます


にほんブログ村

少しでも沢山の方に見ていただき、縁をいただけるようランキングに参加いたしました。
応援をよろしくお願い致します。
| | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する