09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016-01-27 (Wed)
保護団体に関わったり
ボランティアをしていると

多い確率で、猫の相談が来ます。

保護団体に丸投げ(当然、お金は負担しません)
言い切って消息を絶つ

全ての方がそうではありませんが、こんな事も・・・


先日

「飼い主が家の猫との関係で仲良くなれない長毛猫を
外に出しっぱなしにして面倒を見ていない。

可哀想なので、里親さんを探しています!」

という相談が・・・


まず、突っ込みどころとしては

 その猫の飼い主は、外に出している猫の権利を放棄しているのか?

という事です。

そうでなければ、言葉を信じて猫を保護しても
私達は猫泥棒として、最悪、逮捕される可能性もあるわけです。


なので、その事を聞くと
当たり前のように、そんな許可は取っておられませんでした。


ですが、他の方にも指摘され
これでは不味いと思われたようで

猫の権利放棄に関しては
動く事にしたようです。


猫の保護は、保護をしてそのまま里親さんに渡せば良いという場合もありますが
多くの場合、医療措置が必要になって来ます。

・ウイルス検査(ペットショップで購入しても、外に出ていたら外猫と同じです)
・駆虫
・病気への対応

が必要です。

それらを里親希望者さんがしてくれれば良いのですが
それらをボランティア任せに考えている方の方が多いかと思います。

それらを伝え
理解を示してくれました。

ホッとしてのもつかの間
その猫は、東京から離れた地方に居るというのです。
(ご自分は東京近辺に在住の為、東京のボラに問い合わせたそうです)

ご自分で保護して東京に連れて来るのかしら?
と、聞いたところ

そうではなく、私に現地に行って保護してほしかったらしいのです
それも自費で。

え?自分が毎週行く場所だとおっしゃっていたのに?


こんな事は、多くあります。

それらに関して詰めて話をしようと考えておりましたが
猫の居る地域の他の団体に連絡を入れたようで

そちらの方にしてもらう事になりました~

と一方的に切る連絡が・・・
丁寧に対応、こちらの所在地も明かしていたのに
相手の所在地は明かさず。

軽い気持ちで猫を助けようと思った人なんて
そんなもんです。

その猫が、長毛でなかったら
普通に雑種だったら・・・

きっと助けようなんて考えなかったのだろうな・・・と思います。


それでも
外で困っている猫に手が差しのばされ
良かったと思っている私がいます。


引き続き
バザーのお手伝いをして下さる方
猫の預かりをしてくださる方を募集しております。
詳細は こちら ←クリック からm(_ _)m

ケージ・猫用不要品の寄付・ボランティア募集のお願い ← クリック からm(_ _)m

被災地から来た犬の里親募集 ← クリックでページが開きます。

HAS HP で
他の犬・猫の里親募集を
しております
 ← クリックでページが開きます。
 *現在トライアル中のこもおりますm(_ _)m

里親様募集中です

has-28

チャーポン ← クリックでページが開きます ♂ 白血病+

has-27

りんごちゃん ← クリックでページが開きます ♀ エイズ+

里親様募集中です。

HASからのお願い ← クリックでページが開きます

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村 

少しでも沢山の方に見ていただき、縁をいただけるようランキングに参加いたしました。
応援をよろしくお願い致します。
| | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する