09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012-01-20 (Fri)
里親募集サイトでたまに見る

ペットショップや
ブリーダーで

お金を払って手に入れたであろう動物達。

まだ、幼い可愛い盛りなのに
里親募集に出ている事が有ります。

その中には

 「子供にアレルギーが出てしまい
  医師から手放すように指示されてしまいました」

なんて文章を見る事もありますが
特に何も書かれていない事もあります。

中には酷いものも有ります。

 「うるさいので誰でも良いので引き取ってください」

なんでしょうか?

子猫が騒がしいなんて事は当たり前だと思うのですが・・・

私はペットショップやブリーダーで猫を買った事はありません。

ですから、ペットショップで
どのような案内をして動物達を売っているのか知りません。

どんな案内をしているのだろうか・・・
というか
きちんと案内をしていても
動物を買うという事でハイになっている人間側が
動物を飼うという事を理解していない事も考えられます。

現状は健康だと思われていても
後日病気が出るこもいるでしょうし
怪我をしてしまうこもいるでしょう。

そんなの人間だって一緒だと思うのですが・・・

先日
里親募集サイトから引き取った猫が
病気だったという話を聞きました。

猫を引き取ってから
健康診断の為に連れて行った病院の血液検査で
病気が判明。

治療が困難な病気だったので
対処両方しかなかったそうです。

その方は

 「家に来てくれたのもご縁だから」

と、その猫を手放す事は考えなかったそうです。

そのこの猫生は
長いとはいえませんでしたが
それでも大切にして下さる家族と
静かな最後を過ごしたそうです。

この場合は
たまたま先生が小さな異変に気がつき
普通ではしない詳細の検査を
した方が良いと言ってくれたから

飼い主さんが
治療を献身的に続けてくれたから

病気による苦しみを軽減できたようです。

この飼い主さんの元に来られなかったら
この獣医さんにみてもらわなかったら

こういう事は多くあるようです。

 「必然的に此処に来たんだよ
  此処に来て
  最後を過ごそうと

  そのこが決めたんだよ」

なれたボランティアさんは
そうおっしゃいます。

動物達が決めてやって来た縁

そんな縁もあるようです。  


被災地から来た犬の里親募集 ← クリックでページが開きます。

HAS HP で
他の犬・猫の里親募集を
しております
 ← クリックでページが開きます。
 *現在トライアル中のこもおりますm(_ _)m


里親様募集中です


has-28

チャーポン ← クリックでページが開きます ♂ 白血病+

has-27

りんごちゃん ← クリックでページが開きます ♀ エイズ+


里親様募集中です。


HASからのお願い ← クリックでページが開きます


にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村 

少しでも沢山の方に見ていただき、縁をいただけるようランキングに参加いたしました。
応援をよろしくお願い致します。
| | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する