09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012-01-15 (Sun)
無理な出産 パピーミル


先日、ブリードに使われていた雌猫を引き取りました。
私の前に預かりの方がいましたので
私で2件目の普通の生活となります。


3年以上もケージ内で暮らしていた為


前の預かりさん宅に来た時
体はベタベタで


足は妙な筋肉のつき方で
変な歩き方をしていましたが


預かりさんの献身的な対応で
毛並みも綺麗になり
普通・・・とは少し違いますが歩けるようになりました。


ですが、足の爪は出っぱなしですし
上半身の筋肉は・・・


私が引き取ってから最初の検診で判明したのは
心臓肥大


ものすごいビビリ猫で
病院では瞳孔が開きっぱなしになり
脈拍は突然死ちょい手前という状態でした。


避妊手術をしなくてはならず
避妊手術の予約を入れたのですが
不安が残りました。


手術まで数日
その間
このこがどうなるのか・・・


私達に慣れてくれるのか・・・
不安でしたが


毎日少しづつ私達に慣れ
手術前夜にはお喋りをしてくれるまでになりました。


こんな時に信頼全てを覆してしまうであろう手術。


どうしようかと考えましたが
この先、妊娠させない為に手術に踏み切りました。


ビビリ過ぎるので

手術前

麻酔が効くまで

私達が傍にいる事になっていました。


検診に来た時よりも病院に慣れたのか
前よりも瞳孔は開いていませんでしたが
怖がっていました。


なんとか私達に助けてもらおうとしているのを
見るのが辛かったです。


病院の先生とは長い付き合いですから
安心して、お任せしているのですが


猫の信頼を裏切ってしまったような気がして・・・
心が痛かったです。


本来なら入院して様子を見てもらうのですが
ビビリ過ぎるので
当日のお迎えとなりました。


まだ麻酔がさめていない猫


ふらふらしながらも
私達の近くへ寄ろうとする姿を見て
本当に辛かったです。


心臓に疾患が有る猫が
ブリードに使う為に閉じ込められていたのです。


そんな事が多くあるのです。
それを多くの人に知ってもらいたいです。


ご存知無い方は
パピーミルで検索してみて下さい。
そして知って下さい。


知る事

それが大きな1歩となると信じています。


被災地から来た犬の里親募集 ← クリックでページが開きます。

HAS HP で
他の犬・猫の里親募集を
しております
 ← クリックでページが開きます。
 *現在トライアル中のこもおりますm(_ _)m


里親様募集中です


has-28

チャーポン ← クリックでページが開きます ♂ 白血病+

has-27

りんごちゃん ← クリックでページが開きます ♀ エイズ+


里親様募集中です。


HASからのお願い ← クリックでページが開きます


にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村 

少しでも沢山の方に見ていただき、縁をいただけるようランキングに参加いたしました。
応援をよろしくお願い致します。
| | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する